加減葳蕤湯 かげんいずいとう

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典 oriental medicine acupuncture方剤名・方剤学用語

加減葳蕤湯

加減葳蕤湯は、素体陰虚、感受外邪に対して使われる方剤。効用は、滋陰清熱、発汗解表である。

出典

『通俗傷寒論』

分類

  • 解表剤
    • 扶正解表 ← 加減葳蕤湯

組成

  • 生威蕤 9g
  • 生葱白 6g
  • 桔梗 5g
  • 東白薇 3g
  • 淡豆鼓 9g
  • 蘇薄荷 5g
  • 炙甘草 1.5g
  • 紅棗 2枚

※用量は、中国の教材である『方剤学』(上海科学技術出版社)を採用しています。日本用とは用量や組成が異なることもあるので、注意してください。

効用

  • 滋陰清熱
  • 発汗解表

主治

素体陰虚、感受外邪

頭痛身熱、微悪風寒、無汗あるいは有汗不多、舌赤脉数、咳嗽心煩、口渇、咽乾などの症状

組成・方解

陰虚について

陰虚のものは内熱を生じやすく、風熱外邪を感じると、頭痛身熱にして微悪風寒、咳嗽咽乾にして痰稠難出となり、心煩口渇にもなっていく。
ただし、舌赤・脈数は素体陰虚で内熱があるための症状である。

『温病条辨』の「汗論」には、「汗之為物,以陽気為運用,以陰精為材料.・・・其有陽気有余,陰精不足,又為温熱昇発之気所煉,而汗自出,或不出者,必用辛涼以止其自出之汗,用甘涼甘潤培養其陰精為材料,以為正汗之地」

方解

  • 君薬:威蕤
    無汗あるいは有汗不多に対しては、甘平柔潤の威蕤(玉竹)を用いる。
    滋陰益液にして、汗の源を資し、肺燥を潤する。
  • 臣薬:葱白淡豆鼓薄荷桔梗
    解表宣肺、止咳利咽
  • 臣薬:白薇
    涼血清熱で煩渇を除く。
  • 佐薬:甘草紅棗
    甘潤滋脾

以上を配伍することによって、滋陰清熱しても解表を妨げず、発汗解表しても陰気を傷つけない。故に、陰虚にして風熱表証を有するものに適用される。
このことから、冬温初期、咳嗽咽乾、痰不易出にも適応できる。

加減葳蕤湯になるまで

加減葳蕤湯は、『備急千金要方・巻九』にある葳蕤湯に加減をしたものである。
葳蕤湯、加減葳蕤湯の両方ともに、葳蕤、白薇、甘草が入っている。
葳蕤湯には、麻黄、独活、川芎、青木香、杏仁、石膏が入っているので、発表清裏、気血并治に重きが置かれている。
一方の加減葳蕤湯は、麻黄や独活などが入っておらず、葱白、淡豆鼓、薄荷、桔梗、紅棗が加えられている。これは、解肌清熱に養陰の効用を有する軽剤である。

このように、葳蕤湯と加減葳蕤湯は、名前はとても似ているが、その効用にはかなりの違いがある。

附方

葳蕤湯

出典

『備急千金要方』

組成

葳蕤、白薇、麻黄、独活、杏仁、川芎、甘草、青木香、石膏

もし、一寒一熱すれば、朴消、大黄を加える。木香がなければ麝香でも。

効用

疏風解表、清熱養陰

主治

風温の病、脉は陰陽ともに浮
汗出体重、息は必ず喘、形状は不仁、黙々として眠れず、これを下せば小便難。汗を発すれば必ず譫語、焼鍼を加えれば耳聾難言、但し吐下すれば遺失便利。

参考資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました