か行

方剤名・方剤学用語

五苓散 ごれいさん

五苓散は祛湿薬のなかでも、利水滲湿に分類される。利水滲湿のために澤瀉が重用され、茯苓、猪苓がその作用を増強する。表証の内停水湿、痰飲などに広く用いられる。
生薬・中薬学用語

金銀花 きんぎんか

金銀花は清熱薬の中でも、清熱解毒薬に分類される。外感風熱、あるいは温熱病の初期で発熱して微悪風寒のあるものに用いられる。また、瘡、瘍、癤腫などの外科的な症状にも用いられたりもする。
鍼灸用語

公孫 こうそん

公孫は足太陰脾経上にある経穴・ツボである。理脾和胃のはたらきがある。
方剤名・方剤学用語

藿香正気散 かっこうしょうきさん

藿香正気散は霍乱吐瀉の常用方である。外感風寒、内傷湿滞、清濁不分によって起きるものを治療する。君薬は藿香で、辛散風寒、芳香化濁、かつ昇清降濁を兼ねるため、霍乱の治療に用いられる。
生薬・中薬学用語

桂枝 けいし

桂枝は辛温解表薬に分類され、外感風寒による頭痛・発熱・悪寒などの証や、風寒湿痺、肩背肢節痠痛や心脾陽虚によって起きる陽気不行などにも用いられる。桂枝は様々な方剤に用いられるので、とても重要な生薬となる。
生薬・中薬学用語

藿香 かっこう

藿香は化湿、解暑、止嘔といったはたらきがある。湿阻中焦証、暑湿証及び湿温証の初期、嘔吐といった証に用いられる。不換金正気散、藿香正気散、甘露消毒丹などに含まれる。
方剤名・方剤学用語

完帯湯 かんたいとう

「完帯湯」とは? 完帯湯の出典 『傅青主女科』 完帯湯の分類 固渋剤 固表止汗 斂肺止咳 渋腸固脱 渋精止遺 固崩止帯 ← 完帯湯 完帯湯の組成 白朮...
鍼灸用語

経絡系統の簡単なまとめ

経絡系統の組成 経絡系統 経脉 十二経 手三陰経 手の太陰肺経 手の厥陰心包経 手の少陰心経 手三陽経 手の陽明大腸経 手の少陽三焦経 手...
生薬・中薬学用語

瞿麦 くばく

瞿麦は利水滲湿薬に分類される。利水通淋の効果があるので、淋証の常用薬となる。萹蓄、木通、滑石などと一緒に用いる八正散が使用例である。
鍼灸用語

奇経八脈 きけいはちみゃく

十二正経とは異なるルートを取り、単独ではたらきを形成している奇経八脈について解説している。
生薬・中薬学用語

旱蓮草 かんれんそう

旱蓮草は補陰薬として利用され、とくに女性によく効果があり、二至丸などに含まれている。
中医・東洋医学基礎理論用語

五更泄瀉 ごこうせっしゃ

五更泄瀉は、明け方3時から5時くらいの間に起きる泄瀉のことを指す。脾腎の衰弱によるものである。
中医・東洋医学基礎理論用語

神 かみ

「神」とは? 「神」の概念 東洋医学の古医書や中医学の本を読んでいると、「神」という言葉がたくさん出てきます。しかし、これはいわゆる日本語で言うところの、宗教的な意味での「神」ではありません。まずこの前提を理解しておかないと、「神」...
生薬・中薬学用語

活血祛瘀薬・活血化瘀薬

燥咳痰粘に用いられる麦門冬について解説しています。麦門冬は、潤肺養陰、益胃生津、清心除煩といった効能を持つ、補陰薬の代表です。
生薬・中薬学用語

香附子

「香附子」とは? 香附子の出典 『名医別録』 香附子の分類 理気薬 ← 香附子 香附子の性味・帰経 性味: 辛・微苦・微甘 / 平 帰経: 肝経・三焦経 香附子の効能・主治 疏肝理気 調経...
生薬・中薬学用語

紅花 こうか

「紅花」とは? 紅花の出典 『開宝本草』 紅花の分類 活血祛瘀薬 ← 紅花 紅花の性味・帰経 性味: 辛 / 温 帰経: 心経・肝経 紅花の効能・主治 活血祛瘀 通経 紅花の応用...
方剤名・方剤学用語

桂苓甘露飲 けいりょうかんろいん

桂苓甘露飲は中暑受湿を主治とする方剤である。桂苓甘露飲の主要な目的は、すでに暑熱を受けたものがさらに進んだものに対してで、水湿内停証にも効果がある。
生薬・中薬学用語

鶏血藤 けいけっとう

漢方の生薬に属する鶏血藤のはたらきについて述べています。
方剤名・方剤学用語

玉屏風散 ぎょくへいふうさん

玉屏風散 ぎょくへいふうさん 出典 『丹渓心法』 分類 固渋剤 固表止汗 ← 玉屏風散 斂肺止咳 渋腸固脱 渋精止遺 固崩止帯 組成 防風(30g) 黄耆(...
方剤名・方剤学用語

銀翹散 ぎんぎょうさん

銀翹散 ぎんぎょうさん 出典 『温病条辨』 分類 解表剤 辛温解表 辛涼解表 ← 銀翹散 組成 連翹9g 金銀花9g 苦桔梗6g 薄荷6g 竹葉4g ...
タイトルとURLをコピーしました