さ行

鍼灸用語

三陰交 さんいんこう

三陰交について 穴名の由来 三陰交の「交」は、会合する場所、交会する場所という意味がある。というのは、三陰交は、足の三つの陰経(足太陰脾経、足少陰腎経、足厥陰肝経)が交わるところであるからである。 別名 承命、太陰 所属 足...
治法治則用語

疏肝 そかん

「疏肝」とは? 「疏肝」の概念 肝気の鬱結を散らすこと。 肝はとても強い臓器で、『黄帝内経』の「霊蘭秘典論」では、肝臓は将軍に喩えられます。 それくらい強い肝ですから、抑制されると鬱滞もしやすくなります。 肝をのびやかにし...
症状・症候関連用語

譫語 せんご

「譫語」とは?
症状・症候関連用語

錯語 さくご

「錯語」とは?言語が錯乱しているもの。独語、錯語ともに、心気不足に属する。神が失われたものなので、虚証となる。
東洋医学診断学用語

舌診について④ 舌診の内容-舌質(舌神・舌色・舌形・舌態)を診る 

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について③ 舌診の区分・注意事項・

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について② 舌と臓腑の関係・舌診の原理

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
東洋医学診断学用語

舌診について① 舌診の概要・意義

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬・中医学の望診について活用される舌診について解説しています。舌診はとても重要な望診の一つなので、いくつかの回に分けて解説していきます。ここでは、望診の概念・意義について。
治法治則用語

塞因塞用 そくいんそくよう

塞因塞用について解説しています。
症状・症候関連用語

青帯 せいたい

帯下の中でも、青緑色が混じっているものを青帯という。
症状・症候関連用語

赤帯 せきたい

帯下の中でも、赤色が混じっているものを赤帯という。ここでは、赤帯の概要や赤帯の機序について述べています。
症状・症候関連用語

四飲 しいん

四飲とは? 四飲は、以下の四つの飲のことをいう。 痰飲 懸飲 溢飲 支飲 『金匱要略』に初出する。 それぞれの解説については、以下のページを参考にしてください。 (解説ができていないのは、...
鍼灸用語

十五絡脈 じゅうごらくみゃく

ここでは主に十五絡脈について解説している。絡脈の中に、浮絡、孫絡があるので、簡単ではあるがここではその両者も解説している。
生薬・中薬学用語

女貞子 じょていし

旱蓮草は補陰薬として利用され、とくに女性によく効果があり、二至丸などに含まれている。
生薬・中薬学用語

石決明 せっけつめい

「石決明」とは? 石決明の出典 『名医別録』 石決明の分類 平肝熄風薬 ← 石決明 石決明の性味・帰経 性味: 鹹 / 寒 帰経: 肝経 石決明の効能・主治 平肝潜陽 清肝明目 ...
中医・東洋医学基礎理論用語

潜陽 せんよう

「潜陽」とは? 「潜陽」の概念 潜陽とは、陰虚になって肝陽が上亢(上昇)したものを治療する方法である。 肝陽が上昇すると、頭痛目眩、耳鳴耳聾、肢体麻木、あるいは震巓などの症状となる。 治療には生牡蠣、生竜骨、生石決明、真...
症状・症候関連用語

嘈雑 そうざつ

「嘈雑」とは嘈雑の病機肺陰不充によって、肝火が脾胃を薫蒸する。それにより、胃が調和を失ってしまい、下げる力が落ちてしまう。すると、水穀之精微がめぐらなくなるため、肝陽揺動し、擾擾不寧して嘈雑の症状が現れる。
方剤名・方剤学用語

小青竜湯 しょうせいりゅうとう

「小青竜湯」とは? 小青竜湯の出典 『傷寒論』 小青竜湯の分類 解表剤 辛温解表 ← 小青竜湯 辛涼解表 扶正解表 小青竜湯の組成 麻黄(9g) 芍薬(9g...
方剤名・方剤学用語

実脾散 じっぴさん

実脾散 じっぴさん 出典 『重訂産氏済生方』 分類 祛湿剤 燥湿和胃 清熱祛湿 利水滲湿 温化水湿 ←実脾散 祛風勝湿 組成 厚朴(6g) 白朮...
方剤名・方剤学用語

酸棗仁湯 さんそうにんとう

酸棗仁湯 さんそうにんとう 出典 『金匱要略』 分類 安神剤 重鎮安神 滋養安神 ← 酸棗仁湯 組成 酸棗仁(15~18g) 甘草(3g) 知母(8~10g) 茯...
タイトルとURLをコピーしました