車前子 しゃぜんし

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine
生薬・中薬学用語

車前子とは?

 この記事のポイント

車前子は利水滲湿薬に分類される。そのため、利水通淋、止瀉、暑湿泄瀉などに用いられるが、そのほかに目赤、内障、視物昏暗痰多にも用いられる。

車前子の出典

『神農本草経』

車前子の性味・帰経

  • 性味

  • 帰経
    腎経
    肝経
    肺経

車前子の分類

  • 利水滲湿薬 ← 車前子

車前子の効用

  • 利水通淋
  • 止瀉
  • 清肝明目
  • 清肺化痰

車前子の効能・作用

1.小便不利、水腫、淋病

 車前子の性味は甘寒で、滑利、利水の作用があり、あわせてよく清熱できる。そのため、水腫や淋病の治療に常用される。
 もし湿熱が下注して膀胱に熱結して小便淋漓渋痛になったものには、木通、山梔子、滑石などの清利湿熱の生薬と一緒に用いる(八正散)。

2.暑湿泄瀉

 車前子は水湿を利し、清濁を分けて止瀉する。また、小便を利することで大便への水分を回避することができるので、大便を実することができる。そのため、湿盛によって引き起こされた水瀉をよく治療することができる。単用で用いるときは研末して米飲送服する。あるいは白朮、茯苓、沢瀉などと一緒に用いることもできる。

3.目赤、内障、視物昏暗

 車前子は清肝明目の効果がある。もし肝熱による目赤腫痛があった場合は、菊花、龍胆草、黄芩などの清肝薬と一緒に配伍するとよい。もし慢性的な長患いの内障(眼球内部の疾病の総称でそこひの類)で肝腎陰虚がある場合は生地黄、麦門冬、枸杞子などの養陰薬と一緒に用いるとよい。

4.肺熱咳嗽痰多

 車前子には清肺化痰の作用があり、この作用を活かす場合は清肺化痰止咳薬と一緒に用いられる。

車前子の用量用法

5~10g

車前子の使用上の注意

 布に包んで入れる。

車前子の附薬

車前草

車前の全草である。
性味・効能は車前子に相似し、よく清熱解毒する。熱毒瘍腫の治療に用いる。
内服、もしくは鮮草を用いて外敷する。
用量10~15g
鮮品加倍、外用適量

参考資料

PR広告

この記事を書いた人

源保堂鍼灸院・漢方薬店薬戸金堂 瀬戸郁保

瀬戸郁保
IKUYASU SETO

鍼灸師・国際中医師

古医書に基づく鍼灸を追究しさらに漢方薬にも研究を拡げています。東洋医学の世界を多くの方に知っていただき世界の健康に貢献したいと思います。
東京の表参道で、東洋医学・中医学に基づいた源保堂鍼灸院・漢方薬店 薬戸金堂を営んでおります。

その他の用語

昏厥 こんけつ

昏厥とは? 昏厥  昏厥は卒然と昏倒することで、四肢厥冷、昏蒙、人事不省などを伴う。 病因はそれぞれにある。 昏厥には二種類あるが、一過性でしばらくし…

厥 けつ

厥とは? 厥  「厥」には以下の三つの意味がある。 1) 逆気(下から上に突き上げる)のことで、通常はこれは腹部の上から心胸部に至るもの。多くは寒邪が…

防己黄耆湯 ぼういおうぎとう

防己黄耆湯とは? 防己黄耆湯の出典 『金匱要略』 防己黄耆湯の分類 袪湿剤 燥湿和胃 清熱袪湿 利水滲湿 ← 防己黄耆湯 温化水湿 祛風勝湿 防己黄耆…

西洋人参 せいようにんじん

西洋人参とは? 西洋人参の出典 『本草従新』 西洋人参の性味・帰経 性味苦・微甘寒 帰経心経肺経腎経 西洋人参の分類 補虚薬 補気 ← 西洋人参 補陽…

防已 ぼうい

防已とは? 防已の出典 『神農本草経』 防已の性味・帰経 性味甘・苦寒 帰経膀胱経腎経脾経 防已の分類 袪風湿薬 ← 防已 防已の効用 風濕 止痛 利…

天門冬 てんもんどう

天門冬とは? 天門冬の出典 『神農本草経』 天門冬の性味・帰経 性味甘・苦大寒 帰経肺経腎経 天門冬の分類 補虚薬 補陰薬 ← 天門冬 天門冬の効能 …

本サイトご利用のご注意

本サイトご利用に当たってのご注意

一般の方へのご注意
本サイトは、一般の方が自己判断・自己診断をするためのものではありません。あくまで漢方薬の辞書的な記述に留めております。よって、この情報を元にして自己判断・自己診断して処方をしないで下さい。同時に、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関で受診して下さい。

専門家の方へのご注意
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。それ故に、本サイトの内容は細心の注意を払って正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。コメント欄にご一報下さい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。