培土抑木 ばいどよくもく

培土抑木とは?

 この記事のポイント

肝旺脾虚になると、木が土を剋すことになる。このような状況を打開する治療方法が「培土抑木」である。

「培土抑木」の概念

どんなときに使う治法か?

肝気が鬱結すると、その影響で脾の運化作用が衰える(肝旺脾虚、木剋土の証)。
このような状況になると、症状としては両脇脹痛、食欲不振、腹脹腸鳴、大便稀糖になり、舌苔は白膩、脈は弦が現れたりする。このような証候が現れたときに、「培土抑木」が用いられる。
「培土抑木」はその原理から、「健脾疏肝」と言われることもある。

どのような原理で用いられるか?

「培土抑木」が用いられる状況は、木剋土。
つまり、肝(木)が強くなりすぎていて、その剋する相手である脾(土)を抑圧している状態であるから、先ずは剋されている脾(土)を助けてあげないといけない。さらに同時に、強くなりすぎている肝(木)を抑制することも必要になる。このような原理原則に基づく治療法則のことを「培土抑木」という。

利用される生薬

培土には白朮茯苓薏苡仁山薬など
抑木には柴胡青皮木香佛手花など

この記事を書いた人

源保堂鍼灸院・漢方薬店薬戸金堂 瀬戸郁保

瀬戸郁保
IKUYASU SETO

鍼灸師・国際中医師

古医書に基づく鍼灸を追究しさらに漢方薬にも研究を拡げています。東洋医学の世界を多くの方に知っていただき世界の健康に貢献したいと思います。

その他の用語

本サイトご利用に当たってのご注意

一般の方へのご注意
本サイトは、一般の方が自己判断・自己診断をするためのものではありません。あくまで漢方薬の辞書的な記述に留めております。よって、この情報を元にして自己判断・自己診断して処方をしないで下さい。同時に、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関で受診して下さい。

専門家の方へのご注意
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。それ故に、本サイトの内容は細心の注意を払って正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。コメント欄にご一報下さい。

コメントする