東洋医学を学ぼう!

東洋医学・中医学・漢方・鍼灸・薬膳の用語集

(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

『東洋医学を学ぼう!』では、漢方や鍼灸、薬膳といった東洋医学・中医学に関する用語を解説しています。
また、東洋医学・中医学を学ぶための情報を皆様にご紹介してまいります。
当サイトを通して東洋医学・中医学が学ばれて、多くの方が健康で楽しい毎日を送ることを願っております。

東洋医学用語一覧

* 用語はアトランダムに表示されます。

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine
症状・症候関連用語 | か行

厥 けつ

厥とは? 厥  「厥」には以下の三つの意味がある。 1) 逆気(下から上に突き上げる)のことで、通常はこれは腹部の上から心胸部に至るもの。多くは寒邪が病になったものを指す。 2) 忽然と昏暈する、人事不省。原因は多種ある…

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine
生薬・中薬学用語 | 五十音別 | か行

葛根

葛根 かっこん 出典 『神農本草経』 分類 解表薬 辛温解表薬 辛涼解表薬  ← 葛根 性味・帰経 性味: 甘・辛 / 涼 帰経: 脾経・胃経 効能・主治 発表解表 升陽透疹 解熱生津 応用 1.外感発熱、頭痛、無汗、項…

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典 oriental medicine acupuncture
方剤名・方剤学用語 | 五十音別 | か行

後下

後下 ごげ 概要 生薬の気味が芳香性のものは、長く煎じてしまうと揮発成分が飛んでしまう。 そのため、芳香性の生薬は、他の生薬を煎じ終わる5分前くらいに入れる。 この煎じ方を、後下という。 例としては、薄荷、砂仁、頭寇など…