築賓 ちくひん

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine鍼灸用語

築賓について

穴名の由来

築賓の「築」は堅実なこと。
「賓」は住むところ。
築賓は、下肢を挙げたときに腓腹筋が収縮して硬くなるところなので、このような名前が付いたとされる。

別名

築濱

所属

足少陰腎経

位置

腓腹筋の内側筋膜の下縁、太谿穴の直上5寸。

築濱 (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

作用

理下焦、清神志

作用に関しては、どのような意図で使うかによって大きく異なりますので、ここではあくまで今後の研鑽のご参考として受け止めて下さい。

主治

癲狂、嘔吐、流涎、下腹部痛、足脛部痛

主治に関しては、どのような意図で使うかによって大きく異なりますので、ここではあくまで今後の研鑽のご参考として受け止めて下さい。

参考図書

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました