生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine
|

柴胡・さいこ

柴胡とは?

 この記事のポイント

柴胡は心包経、肝経、三焦経、胆経に帰経する生薬。傷寒の邪が少陽にあって寒熱往来、胸脇苦満などの症状があるときや、肝気鬱滞して脇胸脹痛、頭痛、月経不調などがあるときに使うことができる。また気虚下陥による脱肛や子宮脱垂、短気などにも用いられる。柴胡疏肝散、柴葛解肌湯、柴苓湯、補中益気湯などさまざまな漢方薬に配伍されている。

柴胡の出典

『神農本草経』

柴胡の性味・帰経

  • 性味
    辛・苦
    微寒
  • 帰経
    心包経
    肝経経
    三焦経
    胆経

柴胡の分類

  • 解表薬
    • 辛凉解表薬← 柴胡

柴胡の効用

  • 和解退熱
  • 疏肝解鬱
  • 昇挙陽気

柴胡の効能・作用

1. 傷寒の邪が少陽にあり、寒熱往来、胸脇苦満、口苦、咽喉・目眩などの証

 柴胡は半表半裏の邪を疏解するのに長けている。故に少陽証の要薬となる。この作用を利用した方剤としては、黄芩、半夏などと配伍された小柴胡湯がある。
 外感発熱に対しては、柴胡の透表疏熱の効果を利用することもできる。この作用を利用した方剤に、甘草と一緒に用いる柴胡散や、葛根などの生薬を配伍した柴葛解肌湯のようなものがある。現代的な利用方法としては、柴胡から生成したもので、単味や複方の注射剤があり、外感発熱に対して解熱効果がある。

2. 肝気鬱結、脇肋張痛、あるいは頭痛、月経不調、痛経などの証

 柴胡はよく肝気を条達して疏肝解鬱する。代表的な方剤としては、白朮当帰と一緒に用いる加味逍遙散がある。肝鬱気滞、胸腹脇脹痛の証のようなものには、柴胡に香附子、川芎、枳殻などを配伍した柴胡疏肝散がある。

3. 気虚下陥による脱肛、子宮脱垂、および短気、倦乏

 柴胡はよく清陽の気を昇じて挙陥することができる。この場合は升麻と一緒に用いられることが多く、人参、黄耆、白朮といった補脾益気の生薬と配伍された補中益気湯がある。

柴胡の用量用法

3~10g
少量(3~6g)で昇陽作用
中量(6~12g)で疏肝作用

柴胡が入った漢方薬の例

参考資料

PR広告

この記事を書いた人

源保堂鍼灸院・漢方薬店薬戸金堂 瀬戸郁保

瀬戸郁保
IKUYASU SETO

鍼灸師・国際中医師

古医書に基づく鍼灸を追究しさらに漢方薬にも研究を拡げています。東洋医学の世界を多くの方に知っていただき世界の健康に貢献したいと思います。
東京の表参道で、東洋医学・中医学に基づいた源保堂鍼灸院・漢方薬店 薬戸金堂を営んでおります。

その他の用語

本サイトご利用のご注意

本サイトご利用に当たってのご注意

一般の方へのご注意
本サイトは、一般の方が自己判断・自己診断をするためのものではありません。あくまで漢方薬の辞書的な記述に留めております。よって、この情報を元にして自己判断・自己診断して処方をしないで下さい。同時に、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関で受診して下さい。

専門家の方へのご注意
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。それ故に、本サイトの内容は細心の注意を払って正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。コメント欄にご一報下さい。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です