環跳 かんちょう

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine鍼灸用語

環跳について

穴名の由来

環跳の「環」は、環のように曲げること。「跳」は跳躍を意味する。膝を屈したとき、腰部を環のように曲げたときに、この環跳穴が現れやすくなる。そこから命名された。

別名

髀厭、髀枢、環谷、髕骨、分中

所属

足少陽胆経

位置

大腿骨大転子と仙骨管裂孔を結ぶ線で、外側より3分の1の部位。側臥位をとらせて下肢を屈曲させて取穴する。

作用

祛風湿、強腰腿

主治

リウマチによる痺れ・疼痛、下肢の運動麻痺、腰部・大腿部痛

コメント

タイトルとURLをコピーしました