人名

人名

李時珍 りじちん

李時珍とは? 生年 1518~1593・明代の医家 名前 李時珍は、字を東壁と称し、晩年は瀕湖山人と号した。 出身 蘄州(きしゅう) 現在の湖北省蘄春県 略歴 祖父は鈴医として活躍し、父の李言聞(号は月池)はその地方の...
人名

許浚 ホジュン

許浚 ほじゅん 概要・業績など 1539年~1615年・李氏朝鮮中期時代の医者。 本貫は陽川、字は清源、号は亀巌。 宣祖(在位1567年~1608年)の侍医として名声を馳せる。 1611年、16年間の歳月をかけて作成し...
人名

呉崑

呉崑 名前 呉崑 号は鶴皋(かくこう) 時代 1552~1620(?) 明代の医家 出身地 安徽省歙県の人 業績 15歳から医学を学ぶ。 当時の医師の10人中9人は意訳の知識に乏しく、古今の方薬にほとんど無知であること...
人名

李東垣(杲)

李東垣(杲) 名前 李杲(り・こう) 字は明之(めいし) 晩年は東垣老人と号した。 時代 1180-1251 金の時代 出身地 真定(河北省正定県) 業績 李東垣は富豪の家に生れたが、幼少の時に母を病気で亡くしてしまう...
人名

張仲景 ちょうちゅうけい

麻黄湯、葛根湯など、現在も日本でもよく使われる漢方薬は張仲景によって創案された漢方薬です。張仲景は漢方薬の原典である『傷寒論』を著わし、医聖と称されています。『傷寒論』は六経弁証の基本にもなります。
タイトルとURLをコピーしました