手足厥冷 てあしけつれい

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine
症状・症候関連用語

手足厥冷とは?

 この記事のポイント

手足厥冷とは、四肢の冷えが肘より上、膝より上に現れた症状のこと。

手足厥冷

 「手足厥冷」とは、四肢の冷えが肘より上、膝より上に現れた症状のことを言う。「手足逆冷」「四逆」とも言う。
 寒熱の分類がある。寒証の手足厥冷は、陰寒内盛、陽気衰微によるもので、陽気の温暖が四肢に到達しないために起きる。怕冷、下痢清穀、脈沈微、舌淡などをともなうことになる。熱証の手足厥冷は熱盛傷津、熱邪阻遏によるもので、陽気が表面に向かうことができなくなったものである。胸腹灼熱、口渇心煩、神昏譫妄、舌質紅絳、脈促有力などが現れる。

手足厥冷についての関連記事

参考資料

PR広告

この記事を書いた人

源保堂鍼灸院・漢方薬店薬戸金堂 瀬戸郁保

瀬戸郁保
IKUYASU SETO

鍼灸師・国際中医師

古医書に基づく鍼灸を追究しさらに漢方薬にも研究を拡げています。東洋医学の世界を多くの方に知っていただき世界の健康に貢献したいと思います。
東京の表参道で、東洋医学・中医学に基づいた源保堂鍼灸院・漢方薬店 薬戸金堂を営んでおります。

その他の東洋医学用語など

厥 けつ

厥とは? 厥  「厥」には以下の三つの意味がある。 1) 逆気(下から上に突き上げる)のことで、通常はこれは腹部の上から心胸部に至るもの。多くは寒邪が…

続きを読む 厥 けつ

本サイトご利用のご注意

本サイトご利用に当たってのご注意

一般の方へのご注意
本サイトは、一般の方が自己判断・自己診断をするためのものではありません。あくまで漢方薬の辞書的な記述に留めております。よって、この情報を元にして自己判断・自己診断して処方をしないで下さい。同時に、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関で受診して下さい。

専門家の方へのご注意
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。それ故に、本サイトの内容は細心の注意を払って正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。コメント欄にご一報下さい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。