石決明 せっけつめい

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

「石決明」とは?

石決明の出典

『名医別録』

石決明の分類

  • 平肝熄風薬 ← 石決明

石決明の性味・帰経

性味: 鹹 / 寒

帰経: 肝経

石決明の効能・主治

  • 平肝潜陽
  • 清肝明目

石決明の応用

1.頭暈目弦

石決明は平肝潜陽の効能がある。
肝腎陰虚、肝陽上亢による眩暈に効果があり、生地黄白芍牡蛎などの養肝平肝薬と配伍される。
肝陽亢盛にして熱象を有するものには、夏枯草釣藤鈎菊花などの清熱平肝の生薬と一緒に用いられる。

2.目赤腫痛、翳膜遮晴、視物昏糊などの証

石決明は、清肝明目の要薬でもある。
肝火上炎、目赤腫痛を治療するために、決明子菊花などと配伍される。
風熱目疾、翳膜遮晴を治療するために、密蒙花谷精草などと配伍される。
肝虚血少にいたって慢性的に目昏するなどの証には、兎絲子熟地黄などと一緒に用いられる(例:決明丸)。

石決明の用量用法

15~30g
煎剤に入れるときは、先煎する。

参考資料

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、不十分な点もまだまだあるかと思います。
また、本サイトは一般の方向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
そして、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、シェアするようなことはなさらないようにしてください。

症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました