灯心草 とうしんそう

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

灯心草とは?

灯心草は利水滲湿薬に分類される。清熱利水の作用がある生薬で、その他に、清心除煩の作用がある。
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。それ故に、本サイトの内容は細心の注意を払って正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。コメント欄にご一報下さい。
本サイトは一般の方に向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
さらに、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。
症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を受けて下さい。

灯心草の出典

『開宝本草』

灯心草の分類

  • 利水滲湿薬 ←灯心草

灯心草の性味・帰経

性味: 寒・淡 / 微寒

帰経: 心経・肺経・小腸経

灯心草の効能・主治

  • 利水通淋
  • 清心除煩

灯心草の応用

1.熱証の小便不利、淋漓渋痛

灯心草は清熱利水の作用がある生薬であるが、単体ではその力が弱い。
そこで、病状が比較的軽いものや、あるいは他の清熱利湿薬と一緒に用いてその助けとすると良い。

2.心熱煩躁、小児夜啼、驚癇

灯心草には、清心除煩の作用がある。
単味で煎服したり、他の清心安神薬と一緒に用いても良い。
嬰児の夜啼には、灯心草を煅炭研末にしたものを母親の乳頭に塗って子供になめさせてもよい。

3.その他

外用として吹喉して喉痺にも使える。

灯心草の用量用法

1.5~2.5g
丸剤や散剤に入れることも。

心煩驚癇には、朱砂を拌用した処方で、写朱灯心がある。
外用には、煅存性研末。

参考資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました