藿香 かっこう

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

「藿香」とは?

藿香の出典

『名医別録』

藿香の分類

  • 芳香化湿薬 ← 藿香

藿香の性味・帰経

性味: 辛 / 微温

帰経: 脾経・胃経・肺経

藿香の効能・主治

  • 化湿
  • 解暑
  • 止嘔

藿香の応用

1.湿阻中焦証

藿香には芳香行散の作用があり、よく湿濁を化すことができる。
湿阻中焦になると、中気不運となっておよそ脘腹脹満が見られるようになる。
そしてそこから食欲不振、悪心嘔吐もでてくる。
蒼朮厚朴半夏などと一緒に用いられることがある(不換金正気散)。

2.暑湿証および湿温証の初期

藿香の性質は、「温而不燥、化濁」であり、またよく「発表」する。
そのため、暑月の外感風寒、内傷生冷にして悪寒発熱、頭痛脘痞、嘔悪泄瀉にいたるものに良い。
この作用を使う方剤としては、紫蘇半夏厚朴などと用いる藿香正気散がある。

温病初期、湿熱并重に対しては、清熱祛湿の滑石黄芩茵陳蒿などと一緒に用いる甘露消毒丹がある。

3.嘔吐

上述したように、藿香はよく化湿濁するが、それとともによく和中止嘔することができる。
そのため、脾胃湿濁が引き起こす嘔吐には最適になる。単用でも有効であり、また、半夏と配伍しても効果がさらに増す。その他の嘔吐に対しては、証に従って他の生薬を配伍する。
湿熱には黄連竹茹、脾胃虚弱には党参甘草妊娠嘔吐には砂仁、半夏などを用いる。

藿香の用量用法

5~10g
鮮品加倍

参考資料

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、不十分な点もまだまだあるかと思います。
また、本サイトは一般の方に向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
そして、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。
症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました