山茱萸 さんしゅゆ

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

山茱萸とは?

山茱萸は補益肝腎、収斂固渋作用がある収渋薬である。六味地黄丸、草還丹などに用いられる。
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。そのため、本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。
本サイトは一般の方に向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
さらに、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。
症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を受けて下さい。

山茱萸の出典

『神農本草経』

山茱萸の別名

棗皮

山茱萸の分類

  • 収渋薬 ←山茱萸

山茱萸の性味・帰経

性味: 酸 / 微温

帰経: 肝経・腎経

山茱萸の効能・主治

  • 補益肝腎
  • 収斂固渋

山茱萸の応用

1.肝腎虧虚による頭暈目弦、腰膝痠軟、陽萎などの証

山茱萸には補益肝腎の作用があるので、よく補精することができる。また同時に助陽もできる。
例えば六味地黄丸のように、山茱萸とともに、熟地黄、山薬、澤瀉などと配伍して肝腎陰虧の証を治療する。また、草還丹のように、山茱萸と補骨脂、当帰、麝香などと配伍して腎陽不足、陽萎、滑精などの証を治療する。

2.遺精滑精、小便不禁、虚汗不止

山茱萸には良好な収斂固渋作用がある。
例えば六味地黄丸は陰虚遺精に用いられ、草還丹は陽萎滑精に用いられる。
小便不禁には桑螵蛸、覆盆子、益智仁、沙苑子などを一緒に用いる。
また、山茱萸と人参、附子、竜骨、牡蠣などと一緒に用いることで、大汗不止、体虚欲脱の証の治療のために配伍され、良好な効果を得られる。

3.その他

収斂止血作用に用いられる。
固衝湯は、山茱萸、烏賊骨、茜草炭、棕櫚炭などが配伍されて、婦女崩漏及び月経過多に用いられる。

山茱萸の用量用法

5~15g
煎湯服あるいは丸剤や散剤に入れる。大剤量可用30g。

山茱萸の注意

山茱萸は温補収斂作用のため、命門火熾にして、素に湿熱および小便不利があるものには用いないようにする。

参考資料

コメント

  1. […] 山茱萸 90g […]

タイトルとURLをコピーしました