東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

半夏厚朴湯

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

半夏厚朴湯 はんげこうぼくとう

出典

『金匱要略』

分類

  • 理気剤
    • 行気 ← 半夏厚朴湯
    • 降気

組成・方解

組成・方解

  • 君薬
    • 半夏(12g):化痰散結・降逆和胃
  • 臣薬
    • 厚朴(9g) :下気除満・燥湿化痰・半夏の散結、降逆を助ける
    • 茯苓(12g):甘淡滲湿・半夏の化痰を助ける
  • 佐薬・使薬
    • 生姜(15g):辛温散結・和胃止嘔
    • 蘇葉(6g) :芳香行気・理肺舒肝

諸薬合用して、ともに行気散結、降逆化痰の功を成す

効用

  • 行気散結
  • 降逆化痰

主治・応用

1.梅核気

梅核気とは、咽に何もないのに物が詰まっているような感覚があり、それを吐き出そうにも出せず、何かを飲んでも下っていかない状態。ひどい場合は、胸脇満悶、咳、嘔吐などになることもある。

半夏厚朴湯が適応する証の多くは、「情志不暢」、「肝気鬱結」、「肺胃宣降の失常」などによって津が集まって痰となり、気と相まって咽喉に結し、咽中に物が塞がったようになり、喀吐しても不出、吞咽不下となったものである。

2.行気散結・降逆化痰

痰気が咽喉で互結すると、肺失宣降して胸脇満悶、あるいは咳嗽喘急する。甚だしい場合は胃気上逆、または悪心、嘔吐もでてくる。
それを行気散結、降逆化痰するのが半夏厚朴湯となる。

注意点

半夏厚朴湯に含まれる生薬は、辛温苦燥の品が多いので、痰気互結して熱がないものに対しては、顴紅口苦、舌紅少苔などが現れている気鬱化火や陰傷津少のときは、梅核気といえども半夏厚朴湯は適さない。

参考資料

表参道で鍼灸院を営んでいます。
古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です