一貫煎

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典方剤名・方剤学用語

一貫煎 いっかんせん

出典

『柳州医話』

分類

  • 補益剤
    • 補気
    • 補血 
    • 気血双補
    • 補陰   ← 一貫煎
    • 補陽

効用

  • 滋陰疏肝

主治

肝腎陰虚・血燥気鬱
胸脘脇痛、呑酸吐苦、咽乾口燥、舌紅少津、脈細弱あるいは虚弦、および疝気瘕聚

組成・方解

一貫煎は、肝腎陰虚や肝気横逆によって起きた症状に

一貫煎は、肝腎陰虚や肝気横逆によって起きた症状に効果がある。

肝は疏泄を疏泄を主どり、条達を良しとする。
しかし陰虚血燥すると、肝が養うところを失うために横逆する。
すると胸脇疼痛、犯胃となる。
こうなると呑酸吐苦、肝腎陰虚、津液不足となり、咽乾口燥、舌紅少津といった状態になる。
陰虚肝気不舒になると、肝脈を巡って疝気瘕聚の証となる。

組成

北沙参(10g)・麦門冬湯(10g)・当帰身(10g)・生地黄(30g)
甘杞子(12g)・川楝子(5g)

方解

  • 君薬は生地黄 → 滋陰養血して肝腎を補う。
  • 臣薬は北沙参麦門冬当帰甘杞子 → 君薬の生地黄に配伍することで滋陰養血生津し柔肝する。
  • 佐薬は川楝子 → 少量の川楝子の疏肝理気作用を用いる。
    川楝子は性味が苦寒で、通常であれば「苦燥傷陰」となる。しかし、滋陰養血が主力となる一貫煎の中にあっては、むしろ傷陰の害は無くなる。この点が、一貫煎が他の理気疏肝を主とする方剤と異なる点である。

以上の生薬の配伍によって、滋陰柔肝を奏功させて疏肝の効力を発揮する。

逍遥散との違い

一貫煎と逍遥散は、肝鬱脇痛の症状を治療するという点では同じであるが、同じ肝鬱脇痛でも言及する症状が異なる。

逍遥散は、情志不遂による肝気鬱滞が原因の脇痛で、かつ肝逆乗脾になっているので、神倦食少が現れている。
故に、逍遥散は疏肝解鬱、健脾養血が治療目的の方剤ということになる。

一方の一貫煎は、まず肝陰不足から始まり、気鬱生熱して起きた脇痛であることが鑑別ポイントである。
この鬱熱が散らないでいると、胃を犯して呑酸吐苦が現れる。故に一貫煎の場合は、滋養肝腎、疏泄肝気が治療の目的になる。

参考資料

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました