訶子

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

訶子 かし

分類

  • 収渋薬 ← 訶子

性味・帰経

性味: 苦・酸・渋 / 平

帰経: 肺経・大腸経

効能・主治

  • 渋腸
  • 斂肺
  • 下気
  • 利咽

応用

1.久瀉、久痢、脱肛

訶子は渋腸止瀉の作用があり、下気消脹も兼ねる。 方剤として使うときは、証候の寒熱を弁別して配伍の選択をする。 例えば詞子散は、黄連木香甘草を配伍したもので、久痢腹痛にして熱を有するものに使用する。 訶子皮散は、訶子乾姜罌粟殻陳皮などと配伍したもので、虚寒久瀉、あるいは脱肛の証を治療する。

2.肺虚喘咳あるいは久咳失音

訶子には斂肺下気止咳の作用があり、また清肺利咽開音の作用もある。 例えば訶子湯桔梗甘草と配伍して失音、不能言語を治療する。 訶子飲杏仁通草煨姜と配伍して久咳、語言不出を治療する。

用量用法

3~10g 斂肺清火開音には生用。 渋腸止瀉は煨用。

使用の注意

外は表邪、内は湿熱積滞は忌服。

別名

訶黎勒

参考資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました