女貞子 じょていし

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

「女貞子」とは?

女貞子の出典

『神農本草経』

女貞子の分類

  • 補虚薬
    • 補気薬
    • 補陽薬
    • 補血薬
    • 補陰薬 ← 女貞子

女貞子の性味・帰経

性味: 甘・苦 / 涼

帰経: 肝経・腎経

女貞子の効能・主治

  • 補益肝腎
  • 清熱明目

女貞子の応用

1.肝腎陰虚の頭昏目弦、腰膝痠軟、若白髪

女貞子はよく補益肝腎する。
二至丸のように、旱蓮草と一緒に用いて、肝腎陰虚による頭昏目弦、腰膝痠軟、若白髪を治す。
『簡便方』の中には、二至丸に桑椹を加えて効果を強めたものが記載されている。

2.陰虚発熱、陰虚生内熱

女貞子は、肝腎の陰を補益し、よく虚熱を清する。
多くは地骨皮牡丹皮生地黄などと一緒に用いる。

3.肝腎陰虚による視力減退、目暗不明

女貞子は補益肝腎にして明目の効果をもっている。
熟地黄、兎絲子、枸杞子などの補肝腎明目薬と一緒に用いて肝腎陰虚による視力減退、目暗不明の証を治す。

女貞子の用量用法

10~15g

女貞子の使用注意

女貞子は補陰をしてもすることはない。
しかし、性質は涼性に偏ってはいるので、脾胃虚寒泄瀉および陽虚のものは忌服とする。

関連記事

 

参考資料

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、不十分な点もまだまだあるかと思います。
また、本サイトは一般の方向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
そして、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、シェアするようなことはなさらないようにしてください。

症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

コメント

  1. […] 当帰、白芍、地黄、何首鳥、枸杞子、女貞子、旱蓮草、桑椹子などの生薬を使う。 […]

タイトルとURLをコピーしました