旱蓮草 かんれんそう

「旱蓮草」とは?

旱蓮草の出典

『新修本草』

旱蓮草の別名

墨旱蓮、鱧腸

旱蓮草の分類

  • 補虚薬
    • 補気薬
    • 補陽薬
    • 補血薬
    • 補陰薬 ← 旱蓮草

旱蓮草の性味・帰経

性味: 甘・酸 / 寒

帰経: 肝経・腎経

旱蓮草の効能・主治

  • 滋陰益腎
  • 涼血止血

旱蓮草の応用

1.肝腎陰虚の頭暈目弦、若白髪

旱蓮草は肝腎の陰を滋養する。
多くの場合、女貞子と一緒に用いられる(二至丸)。

2.陰虚血熱の吐衄尿血、便血、崩漏

旱蓮草の性質は寒涼で、かつ滋陰することができる。
また、よく涼血して止血することもできる。単用でも効果がある。

生地黄、阿膠、蒲黄、白茅根などの滋陰凉血止血薬と一緒に用いて効果が増強される。

旱蓮草は搗爤あるいは乾燥して研末外敷すると、外傷出血を止めることができる。

旱蓮草の用量用法

10~15g
鮮は倍。外用は適量

旱蓮草の使用注意

脾胃虚寒、大便泄瀉は服用しないようにする。

関連記事

参考資料

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、不十分な点もまだまだあるかと思います。
また、本サイトは一般の方向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
そして、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、シェアするようなことはなさらないようにしてください。

症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

「旱蓮草 かんれんそう」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 二至丸 にしがん

コメントする