東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

逍遥散

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

逍遥散 しょうようさん

出典

『太平恵民和剤局方』

分類

  • 和解剤
    • 和解少陽
    • 調和肝脾 ← 逍遥散
    • 調和腸胃

効用

  • 疏肝解鬱
  • 健脾和営

主治

肝鬱血虚にして両脇作痛、寒熱往来、頭痛目眩、口燥咽乾、神疲食少、月経不調、乳房作脹、脈弦にして虚。

組成・方解

逍遥散にまつわる生理学

逍遥散は、肝鬱血虚・脾失健運の証のために設定されている。
  • 肝の生理
    • 蔵血作用
    • 性質: 条達
    • 疏泄作用
    • 体陰用陽
七情鬱結すると上記の肝の生理が失調する。
  • 肝の生理が失調すると・・・
    • 肝失条達
    • 陰血暗耗
  • この状態が続くと・・・
    • 生化の源が不足する → 肝体失養 → 肝気横逆
    • 肝気横逆したときの症状: 脇痛、肝熱、頭痛、目眩など
次に脾の状況を見ると
  • 脾虚 → 運化無力 → 神疲食少・脾虚気弱 → 統血無權
このような肝と脾の状況が重なると・・・
  • 疏泄不利 + 統血無權 → 月経不調・乳房脹痛
治療としては・・・
  • 疏肝解鬱
  • 養血柔肝

方解

  • 君薬
  • 臣薬
    • 当帰 養血柔肝・当帰には芳香があるので行気もできる。また性味は甘で緩急するため、肝鬱血虚の要薬である。
    • 白芍 養血柔肝
  • 佐薬
    • 白朮 健脾袪湿・運化有權・気血有源
    • 茯苓 健脾袪湿・運化有權・気血有源
  • 使薬
    • 炙甘草 益気補中・肝の急を緩める
    • 生姜(焼過) 温胃和中の効果が増す
    • 薄荷(少許) 柴胡の疏肝解鬱・散肝鬱を助けて熱を生じる。
逍遥散は以上のような配伍で、肝体を補い、肝用を助ける。気血兼願、肝脾并治、立法全面と、とても周到に計画された調和肝脾の名方である。

附方

日本では逍遥散よりも加味逍遥散がよく使われる。 加味逍遥散、黒逍遥散について以下のリンク先をご覧下さい。
加味逍遥散
黒逍遥散

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です