中渚 ちゅうしょ

中渚について

 この記事のポイント

テスト

穴名の由来

中渚の「渚」は水辺の砂州や、大きな川の中州のことをいう。液門穴から上に行った中手骨の中間にあることから中渚と名付けられた。

所属

手少陽三焦経

位置

手背の第4,5中手骨間で、中手指節関節後方の陥凹部にある。

作用

開竅益聡、清熱通絡、理気解鬱

作用に関しては、どのような意図で使うかによって大きく異なりますので、ここではあくまで今後の研鑽のご参考として受け止めて下さい。一般的な教科書の内容と考えてください。

主治

頭痛、目の充血、聾、耳鳴り、咽喉部の腫脹や疼痛、熱病、肘や腕の痛み、手指の屈伸困難

主治に関しては、どのような意図で使うかによって大きく異なりますので、ここではあくまで今後の研鑽のご参考として受け止めて下さい。一般的な教科書の内容と考えてください。

参考図書

この記事を書いた人

源保堂鍼灸院・漢方薬店薬戸金堂 瀬戸郁保

瀬戸郁保
IKUYASU SETO

鍼灸師・国際中医師

古医書に基づく鍼灸を追究しさらに漢方薬にも研究を拡げています。東洋医学の世界を多くの方に知っていただき世界の健康に貢献したいと思います。

一般の方へのご注意
本サイトは、一般の方が自己判断・自己診断をするためのものではありません。あくまで漢方薬の辞書的な記述に留めております。よって、この情報を元にして自己判断・自己診断して処方をしないで下さい。同時に、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関で受診して下さい。

専門家の方へのご注意
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。それ故に、本サイトの内容は細心の注意を払って正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。コメント欄にご一報下さい。

コメントする