照海 しょうかい

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

照海について

穴名の由来

照海の「照」は光で照らすこと。「海」は深い陥凹部のことをいう。
左右の足底を合掌するように合わせると、内踝の下方に陥凹ができて、大海に注ぐように見えることから名付けられた。

別名

陰蹻

所属

足少陰腎経

位置

内踝下縁の陥凹部。

作用

通過清熱、利咽安神

作用に関しては、どのような意図で使うかによって大きく異なりますので、ここではあくまで今後の研鑽のご参考として受け止めて下さい。一般的な教科書の内容と考えてください。

主治

月経不順、赤白帯下、子宮下垂、陰部瘙痒、疝気、頻尿、癇症、咽喉部の疼痛、眼疾患、不眠症

主治に関しては、どのような意図で使うかによって大きく異なりますので、ここではあくまで今後の研鑽のご参考として受け止めて下さい。一般的な教科書の内容と考えてください。

参考図書

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です