竹葉 ちくよう

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「竹葉」とは?

竹葉は清熱薬・清熱瀉火薬に分類される。熱病煩熱口渇に用いられたり、心火上炎、口舌生瘡や驚熱にも利用される。別名を「淡竹葉」という。

[quads id=8]

竹葉の別名

淡竹葉

竹葉の出典

『名医別録』

竹葉の分類

  • 清熱薬
    • 清熱瀉火薬 ←竹葉

[quads id=1]

竹葉の性味・帰経

性味: 甘・淡 / 寒

帰経: 心経・肺経・胃経

竹葉の効能・主治

  • 清熱除煩
  • 生津
  • 利尿

[quads id=8]

竹葉の応用

1.熱病煩熱口渇

竹葉はよく清心除煩し、生津することができる。
石膏麦門冬芦根などと一緒に用いられることが多い。

2.心火上炎、口舌生瘡、および小児驚熱諸証

竹葉はよく清心火でき、あわせて寧心定驚することができる。
木香生地黄などと一緒に用いられる、口糜を治療する(例:導赤散)。
もし釣藤鈎蝉退などの清熱熄風の品と配伍するならば、清心寧神定驚に用いることが出来る。

3.熱淋、および小腸の移熱した場合の小便淋痛

竹葉には、利尿作用がある。
そこで、車前子灯心草木通などと一緒に用いられることがある。

[quads id=1]

竹葉の用量用法

6~15g

[quads id=8]

参考資料

[quads id=5]

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、不十分な点もまだまだあるかと思います。
また、本サイトは一般の方に向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
そして、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。
症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

瀬戸郁保 Ikuyasu Seto

表参道で鍼灸院を営んでいます。 古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。 詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする