湧泉 ゆうせん

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine鍼灸用語

湧泉について

穴名の由来

湧泉の「湧」は、地底から湧き出ることをいいます。足底にあることから、気がここから湧き上がることを意味します。湧泉は足少陰腎経に所属しますが、腎経は水で、湧泉は腎経の井穴ということもあり、「泉」の字が当てられた。

別名

地衝

所属

足少陰腎経

位置

足底の第二・第三中足骨の間、足を屈してできる陥凹部。測定部の前方寄り3分の1のところ。

作用

開竅、寧神

主治

ショック、熱中症、不眠症、突発性失語症、脳卒中、癲癇、ヒステリー、小児ひきつけ、頭頂部痛、下肢麻痺

コメント

タイトルとURLをコピーしました