中脘 ちゅうかん

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine鍼灸用語

中脘について

穴名の由来

中脘の「中」は、中間のこと。「脘」は胃腑のことを指している。中脘穴は、胃の募穴で、臍と胸骨体下縁を結ぶ線の中点に位置する。

別名

上紀、胃脘、太倉、胃管、中管、胃募

所属

任脉

位置

前正中線上で、臍の上4寸。

作用

  1. 調理中焦、健脾化湿、和胃降逆
  2. 和胃利湿

主治

胃痛、腹部膨満、腹鳴、嘔吐、下痢、赤痢、消化不良、黄疸、胃腸虚弱

コメント

タイトルとURLをコピーしました