東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

呉茱萸湯

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

呉茱萸湯

出典

傷寒論

分類

  • 温裏剤
    • 温中祛寒 ← 呉茱萸散
    • 回陽救逆
    • 温経散寒

組成・方解

君薬: 呉茱萸(3g)

温胃暖肝祛寒、降逆止嘔

臣薬: 生姜(18g)

温胃散寒、降逆止嘔

佐薬: 人参(9g)・大棗(4枚)

益気健脾

使薬: 大棗

調和諸薬

効用

温中補虚、降逆止嘔

主治

1.胃中祛寒

食べた後に胃に停滞して気持ち悪くなり、嘔きたくなる。胸膈満悶、或は胃脘痛、呑酸嘈雑

2.厥陰頭痛、乾嘔吐涎沫

3.少陰吐利、手足逆冷、煩躁欲死

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です