胃気虚 いききょ

中医東洋医学基礎理論用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine中医・東洋医学基礎理論用語

胃気虚

胃気虚の多くは、飲食物の不摂生が長く続いたり、繰り返されたことによって起きるもので、そのために胃気が損傷するまでに至った状態である。もともとの体質によるものや、慢性病で元気が回復していないなどで起きる。

胃気虚になると、飲食物を受納したり、水穀を腐熟する能力が落ちる。
胃が飲食物を受け入れられなくなったり(胃能不佳ともいう)、飲食物の味がしない、食べたくないといった症状が生じる。

また、胃失和降になるので、脘腹脹満、隠痛などや、甚だしいときは胃気上逆に至り、噯気、悪心、嘔吐、吃逆(呃逆)などが生じる。

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました