東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

補中益気湯

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

補中益気湯

出典

『脾胃論』

分類

  • 補益剤
    • 補気剤   ← 補中益気湯
    • 補血剤
    • 気血双補剤
    • 補陰剤
    • 補陽剤

組成・方解

君薬: 黄耆(18g)

補中益気、升陽固表

臣薬: 炙甘草(9g)・人参(6g)・白朮(9g)

補気健脾

佐薬: 当帰(3g)・陳皮(6g)

当帰は養血和営
陳皮は理気和胃。諸薬を補い滞らせないようにする。

使薬: 升麻(6g)・柴胡(6g)

升陽挙陥。君薬を助けて、中焦を昇らせる

効用

補中益気
升陽挙陥

主治

1.脾不昇清証

頭暈目弦、視物昏瞀、耳鳴り・耳聾、飲食減少、体倦肢軟、少気懶言、面色萎黄、大便稀溏、舌淡、脈虚

2.中気下陥証

脱肛、子宮脱垂、久瀉久痢、崩漏など

3.気虚発熱証

身熱、労則加重、自汗、渇喜熱飲、気短乏力、舌淡、脈虚大無力

附方

浅田宗伯(1815-1894)『勿誤薬室方函口訣』
麦味益気湯
姜附益気湯
調中益気湯

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です