東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

呉茱萸 evodiae fructus

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

呉茱萸 ごしゅゆ

分類

  • 温裏薬 ← 呉茱萸

性味・帰経

性味: 辛・苦 / 熱 / 有小毒
帰経: 肝経・脾経・胃経

効能・主治

散寒止痛
疏肝下気
燥湿

応用

1.脘腹冷痛、疝痛、頭痛、及び虚寒泄瀉
呉茱萸は、よく温中散寒し、また肝経の鬱滞をよく解くので、良好な止痛作用がある。
脘腹冷痛に対しては、乾姜、木香を配し、寒疝腹痛には、烏薬、小茴香を配する。中焦虚寒、肝気上逆による頭痛や、吐涎沫二対しては、人参、生姜などを配し、方剤としては呉茱萸湯などがある。
脾腎虚寒の久瀉、五更泄瀉には、呉茱萸と補骨脂、肉豆寇、五味子などを同じ目的のために合せて用いる。方剤には、四神丸などがある。

2.寒湿脚気、或は上衝入腹
呉茱萸は、よく散寒燥湿するが、下行逆気の効果がある。そのために木瓜と常に同じ目的で使われ、蘇長史茱萸湯などがある。呉茱萸と木瓜は、脚気入腹、困悶欲死、腹脹の治療に使われる。そのことは、『証治准縄』の中に、「鶏鳴散治脚気疼痛、亦以此両味薬為主薬」とある。

3.嘔吐呑酸
呉茱萸がもっている疏肝下気の働きを使って、嘔逆を止めることが出来る。
もし胃寒がある場合は、生姜、半夏を配する。
肝郁化火になっている場合は、黄連を主薬にし、少量の呉茱萸を配伍しするが、すなわちこれが左金丸である。呉茱萸、黄連共に、奏辛開苦降の効果がある。

4.呉茱萸の研末を足心に付けることで、引火下行させて口舌生瘡を治療する方法がある。

用量用法

1.5~5g
外用適量

方剤例

呉茱萸湯
左金丸
当帰四逆加呉茱萸生美湯
温経湯
延年半夏湯
鶏鳴散加茯苓
など

注意

呉茱萸は、辛熱燥烈なため、損気動火しやすい。そのため、多量に長期に服用することは良くなく、陰虚有熱のものには禁忌である。

参考資料

 

表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院の院長をしています。

伝統鍼灸を主体にしておりますので、中医学も含めた、役に立つ情報をお届けしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です