大補陰丸 だいほいんがん

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典方剤名・方剤学用語

大補陰丸 だいほいんがん 原名:大補丸

出典

『丹渓心法』

分類

  • 補益剤
    • 補気
    • 補血
    • 気血双補
    • 補陰 ←大補陰丸
    • 補陽

組成

  • 黄柏(120g)
  • 知母(120g)
  • 熟地黄(180g)
  • 亀板(180g)
  • 猪脊髄
  • 蜂蜜

効用

  • 滋陰降火

主治

肝腎陰虚、虚火上炎
骨蒸潮熱、盗汗遺精、咳嗽喀血、心煩易怒、足膝疼熱あるいは痿軟、舌紅少苔、尺脈数にして有力

組成・方解

肝腎が両方とも虚して真陰不足になったもの

腎中の水火は、水火既済をなして生存することが出来るが、腎水のみが虧損すると、相火は制御を失うので虚火、虚熱の諸証が生じることになる。遺精、盗汗は相火内擾、陰虚内熱に至ったものである。
骨蒸潮熱、咳嗽喀血、舌紅少苔は、ともに相火内動、耗傷真陰、すなわち肺腎両傷によって起きたものである。
大補陰丸は滋陰降火を目的として考案されたものであるが、これは、朱丹溪の基本的な考え方である、「陰常不足,陽常有余,宜常養其陰,陰興陽斉,則水能生火.」によったものである。

方解

  • 熟地黄:滋補真陰
  • 亀板:潜陽制火
  • 黄柏:苦寒で相火を瀉し、真陰を堅固にする。
  • 知母:苦寒で、上がって清潤肺熱。下って滋潤腎陰するので、清源の一面がある。
  • 猪脊髄蜂蜜:血肉甘潤の品。填精補陰をすることで津液を生じる。培本の一面がある。

以上のような配伍をすることで、培本清源の効果を発揮する。

大補陰丸が適応する証は、培本だけでは虚火を清し難く、ただ清熱だけでは病が去っていっても、なおも病がぶり返す可能性があるので、培本と清源をしておくのが良い状況である。培本清源を同時にすることで、陰盛陽潜して虚火が降り、虚熱は自清する。

注意

本証は、もし食少便溏も兼ねている場合は、火熱に及んで実に属するものなので使わないようにする。

古医書解説

『刪補名医方論』
「是方能驟補真陰,以制相火,較之六味功効最捷.」

参考資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました