白朮 びゃくじゅつ

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

「白朮」とは?

白朮は補気薬に分類される。脾経・胃経に帰経するため、補気健脾の要薬になる。また運化作用を強くするので、燥湿利水も出来るため、痰飲水腫の良薬にも。その他に肌表不固、安胎作用などもある。

金銀花の出典

『神農本草経』

金銀花の分類

  • 補虚薬
    • 補気薬 ←白朮

白朮の性味・帰経

性味: 苦・甘 / 温

帰経: 脾経・胃経

白朮の効能・主治

  • 補気健脾
  • 燥湿利水
  • 止汗安胎

白朮の応用

1.脾気虚弱による食少便溏、脘腹脹満、倦怠無力などの証

白朮は補気健脾の要約。
人参茯苓炙甘草などと一緒に用いて脾虚気弱の証を治療する(四逆湯)。
脾胃虚寒、脘腹冷痛、大便泄瀉のようなものには、党参乾姜炙甘草と一緒に用いる(理中湯)。
脾虚にして積滞、食欲不振、脘腹痞満があるときは、攻補兼施の方法を用いるが、白朮の健脾に、枳実の消除痞満を加える(枳朮丸)。

2.脾虚で運化作用が落ちて、水湿停留する痰飲水腫の証

白朮は補気健脾の作用があることから、燥湿利水することもできる。
故に、白朮は痰飲水腫の良薬となる。
桂枝茯苓炙甘草と一緒に利用する苓桂朮甘湯があり、痰飲を去る陳皮大腹皮茯苓皮などと配伍して水腫を消腫する。

3.脾虚気弱、肌表不固にして自汗

白朮には益気補脾作用があることから、固表止汗の作用もある。
『全幼心鍳』にある方の中に、白朮黄耆浮小麦を配伍して虚汗不止を治すものがある。

4.妊娠脾虚気弱、胎気不安の証

白朮には、補気健脾の作用があることから、安胎の効果もある。
例えば内熱があるものに対しては、黄耆を配伍して清熱安胎として利用する。
気滞胸腹脹満を兼ねるもには、蘇梗砂仁陳皮などの理気薬を敗する。
気虚少気無力を兼ねるものには、党参茯苓炙甘草などの補虚薬を加える。
血虚頭暈、心慌を兼ねるものには、熟地黄当帰白芍などの補血薬。
胎元不固、腰痠腹痛には、杜仲続断阿膠などを一緒に用いて保胎作用を増強する。

白朮の用量用法

5~15g

燥湿利水-生用
補気健脾-炒用
健脾止瀉-炒焦用

白朮の使用注意

白朮は燥湿傷陰するので、中焦有湿の証に適用するときは、例えば陰虚内熱、あるいは津液虧耗燥渇があるものに対しては、均しく服用しないようにする。

参考資料

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、不十分な点もまだまだあるかと思います。
また、本サイトは一般の方に向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
そして、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。
症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

コメント

  1. […] 臣薬: 人参(15g)・白朮(30g)・当帰(3g)・酸棗仁(30g)・遠志(3g)・茯神(30g) […]

  2. […] 白朮60g […]

タイトルとURLをコピーしました