東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

葛根

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

葛根 かっこん

出典

『神農本草経』

分類

  • 解表薬
    • 辛温解表薬
    • 辛涼解表薬  ← 葛根

性味・帰経

性味: 甘・辛 / 涼
帰経: 脾経・胃経

効能・主治

  • 発表解表
  • 升陽透疹
  • 解熱生津

応用

1.外感発熱、頭痛、無汗、項背強痛などの証

葛根は解肌発表の効能がある。
風寒表証に対しては、常に桂枝麻黄白芍などと一緒に用いる。
もし風熱表証を兼ねて内熱がある場合は、黄芩石膏柴胡などの生薬と配伍して解肌清熱する。例として柴葛解肌湯がある。

2.麻疹の初期で、発熱、悪寒、疹出不暢の証

葛根はよく解肌発散するので、透発を助けることができる。この場合は、常に升麻と一緒に用いる。例として升麻葛根湯がある。

3.湿熱瀉痢および脾虚腹瀉などの証

葛根はよく升発清陽するので、脾胃を鼓舞して清陽の気を上行させることができる。この効果を利用して瀉痢を止める効果がある。
湿熱瀉痢に対しては、多くは黄芩黄連などと配伍する。例として葛根芩連湯があり、この方剤は痢疾身熱証を治す。
もし脾虚気弱の腹瀉の場合は、多くは党参白朮木香などの生薬を配伍する。

4.熱病煩渇証および口渇多飲

葛根には生津の効能がある。単用でも良いし、麦門冬、天花粉、地黄などの生薬と一緒に用いてもよい。例として玉泉散がある。

5.その他

現代的な用法として、高血圧性の脳病による頭痛、眩暈、項強、耳鳴、肢体麻木などの症状に有効であることが分かっている。多くの場合、降圧薬と配合される。

用量用法

10~20g

煎服あるいは丸剤や散剤に入れて使用する。
止瀉には煨用する。

参考資料

表参道で鍼灸院を営んでいます。
古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です