香附子

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine生薬・中薬学用語

「香附子」とは?

香附子の出典

『名医別録』

香附子の分類

  • 理気薬 ← 香附子

香附子の性味・帰経

性味: 辛・微苦・微甘 / 平

帰経: 肝経・三焦経

香附子の効能・主治

  • 疏肝理気
  • 調経止痛

香附子の応用

1.肝気鬱滞による脇肋作痛、脘腹脹満および疝痛

香附子の性味を見てみると、味は辛でよく散じ、さらに微苦でよく降ろす。そしてさらに微甘なのでよく和すこともできる。
性は平(不寒・不熱)ということもあり、疏肝解鬱、調理気機によく、行気止痛の効果も備わっている。
脇痛に用いるときは、柴胡、白芍、枳殻などと配伍される。
肝気犯胃、中焦気行不暢の治療のときは、木香、佛手などと一緒に用いられる。
寒凝気滞、胃脘疼痛に対しては高良姜を配伍した良附丸がある。
寒疝腹痛に至ったものには、小茴香、烏薬などと一緒に用いる。

2.月経不調、痛経、乳房脹痛などの証

香附子は婦科常用なので、肝気鬱結にして月経不調、乳脹、腹痛などがある証には最も適用される。
当帰、川芎、白芍、柴胡などと配伍されて疏肝行滞、調和気血することができる。
乳房結塊、経前作脹のようなときは柴胡、当帰、瓜蒌、青橘葉などと配伍して、行気和営、疏肝散結する。

香附子の用量用法

6~12g

参考資料

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました