東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

傷寒論

書籍名_(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

傷寒論

著者

張仲景(150~219年)

時代

東漢末年

『傷寒論』の概要

『傷寒論』は、張仲景が著わした書物で、麻黄湯、桂枝湯、芍薬甘草湯など、現代でも普通に使用される漢方薬・方剤の基本が記されています。『黄帝内経』『難経』などと並んで、東洋医学・鍼灸・漢方を学ぶ人は、一度は目を通しておきたい書物です。

『傷寒論』は、『黄帝内経・素問』にある「熱論」を基礎にしたといわれており、「傷寒」、つまり外感発熱病を六経弁証という綱領にまとめたもの。
もともとは『傷寒雑病論』という一冊の本であったが、その後しばらくして散逸してしまい、晋の王叔和(『脈経』の著者)が収拾し、再編纂され、『傷寒論』と『金匱要略』の二冊に分冊される。ということで、今日伝わっているものは、再編纂後の『傷寒論』ということになります。

六経とは、太陽・陽明・少陽・太陰・少陰・厥陰で、それぞれの証に治療原則がまとめられている。

日本の漢方薬は、この『傷寒論』を元にした処方が多く、「経方派」と呼ばれる。

以下、『傷寒雑病論』の項で書いたものを再録しておきます。

六経弁証という弁証論治、綱領を最初に提示したもので、漢方薬の世界では、『黄帝内経』と並んで原典の一つとされている。

著者の張仲景は、その効果と業績により「医聖」と称される。

参考資料


傷寒論を読もう
寝ころんで読む傷寒論・温熱論
漢方―中国医学の精華 (中公新書 26)
新版 漢方の歴史 (あじあブックス)

江戸時代に発行されていた『傷寒論』源保堂鍼灸院所蔵(C)東洋医学辞典

江戸時代に発行されていた『傷寒論』源保堂鍼灸院所蔵(C)東洋医学辞典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です