東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

桂枝湯

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

桂枝湯

出典

傷寒論

分類

  • 解表剤
    • 辛温解表剤 ← 桂枝湯
    • 辛涼解表剤
    • 扶正解表剤

組成・方解

君薬: 桂枝(9g) 解肌発表、表にある風邪を去る 臣薬: 芍薬白芍)(9g) 益陰斂営、斂固外泄之営陰 桂枝と芍薬は相須の関係で、営衛を調和する。 桂枝と芍薬の配合によって、発汗が正気を傷らないようにし、斂陰して邪気を留めないようにする。 佐薬: 生姜(9g)・大棗(3枚) 生姜は嘔くのを止め、桂枝と配合して解表をする。 大棗は益気補中。 生姜と大棗は、営衛を調和する常用の組み合わせである。 使薬: 甘草(6g) 調和諸薬 桂枝と合して、辛甘が陽と化して衛を実する。 芍薬と合して、散甘が陰と化して営を和する。

効用

解肌発表・営衛不和

主治

外感風寒表虚証 悪寒発熱、無出頭痛、鼻鳴乾嘔 舌苔: 白不渇 脉 : 浮緩あるいは浮弱

附方

桂枝加竜骨牡蛎湯 桂枝加朮附湯 桂枝加葛根湯

参考資料

中医臨床のための方剤学 中国傷寒論解説 皇帝の漢方薬図鑑 (じほう図鑑シリーズ)  

商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です