東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

麻黄湯

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

麻黄湯

出典

傷寒論

分類

  • 解表剤
    • 辛温解表剤 ← 麻黄湯
    • 辛涼解表剤
    • 扶正解表剤

組成・方解

君薬: 麻黄(9g)
辛温散寒、宣肺平喘

臣薬: 桂枝(6g)
温経散寒、通達営衛

佐薬: 杏仁(6g)
苦温平潤、利肺平喘
麻黄と合して、気機を昇降させ平喘作用を助ける

使薬: 甘草(3g)
調和諸薬
麻黄と桂枝の峻烈な性質をやわらげる

効用

発汗解表・宣肺平喘

主治

外感風寒表実証
悪寒発熱、頭痛身疼、無汗而喘
舌苔: 薄白
脉 : 浮緊

附方

麻黄加朮湯
麻杏苡甘湯
三拗湯
華蓋散

参考資料


中医臨床のための方剤学
中国傷寒論解説
皇帝の漢方薬図鑑 (じほう図鑑シリーズ)

 

商品

表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院の院長をしています。

伝統鍼灸を主体にしておりますので、中医学も含めた、役に立つ情報をお届けしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です