東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

四君子湯

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

四君子湯 しくんしとう

出典

『太平恵民和剤局方』

分類

  • 補益剤
    • 補気剤 ← 四君子湯
    • 補血剤
    • 補陰剤
    • 補陽剤

効用

  • 益気健脾

主治

  • 脾胃気虚証
    面色萎白、語声低微、四肢無力、食少あるいは便溏、舌質淡、脉細弱

組成・方解

組成・方解

  • 君薬
    • 人参(10g):甘温・大補元気・健脾養胃
  • 臣薬
    • 白朮(9g):苦温・健脾燥湿
  • 佐薬
    • 茯苓(9g):甘淡・滲湿健脾
    • 白朮と茯苓は、相合して健脾除湿の効果を強めて、運化作用を促進する
  • 使薬
    • 炙甘草(6g):甘温・調中

全生薬が配伍されることによって、益気健脾の効果が相乗効果で益していく。

応用

1.脾気虚証

四君子湯の主治証は脾胃気虚証である。
飲食労倦によって脾胃を損傷し、気血生化の源が不足するに至ったのが脾胃気虚証である。
脾胃気虚証は、脾虚不運、胃納呆滞になってしまい、飲食減少、大便不実にもなっていくので、益気健脾が治療方針となる。

2.補気薬の基本で附方も多い

四君子湯は脾胃の気を健旺にし、運化を正常に回復する。その結果、四君子湯は資生気血の要薬となる。
このため、四君子湯は補気薬の基本ともいえる。

後世になると、補気健脾を主とする方剤として、四君子湯から多くの附方が派生していくことになる。

3.理中丸との違い

四君子湯と理中丸の生薬を分析すると、一味しか差がない。
これには、以下のような方剤の意図の違いがある。

  • 四君子湯 = 人参 白朮 茯苓 甘草 = 益気健脾に重点を置く
  • 理中丸  = 人参 白朮 生姜 甘草 = 温中祛寒に重点を置く

附方

  • 異功散   : 四君子湯 + 陳皮
  • 六君子湯  : 四君子湯 + 陳皮 + 半夏
  • 香砂六君子湯: 四君子湯 + 陳皮 + 半夏 + 香附(現代は木香を多用) + 砂仁
  • 保元湯

古医書抜粋

  • 『医方考』呉崑
    夫面色萎白.則望之而知其気虚矣.言語軽微.則聞之而知其気虚矣.四肢無力則問其気虚矣.脉来虚弱則切而知其気虚矣.

 

参考資料

表参道で鍼灸院を営んでいます。
古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です