茯苓

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine
生薬・中薬学用語

茯苓 ぶくりょう

分類

  • 利水滲湿薬 ← 茯苓

性味・帰経

性味: 甘 / 淡平
帰経: 心経・脾経・腎経

効能・主治

利水滲湿
健脾
安神

応用

1.小便不利、水腫および停飲などの水湿証
茯苓は、薬性平和な性質があり、利水をしても気を傷らないため、利水滲湿の要薬となる。およそ水湿、停飲には適用されることが多い
猪苓沢潟などと一緒に用いられ、利水滲湿作用を強化するが、湿熱、寒湿など、それぞれの水湿の性質に従って配伍する薬物を変える。例えば湿熱には車前子木通、寒湿には附子乾姜などを配伍する。

また、茯苓は利水滲湿作用の他に健脾もよくできるので、脾弱運遅による水湿停畜にも用いられる。標本兼願の効果を狙って、停飲による頭暈、心悸、咳嗽などにもよく用いられる。

茯苓と白朮を一緒に用いれば、健脾利湿の効果があきらかになる。五苓散苓桂朮甘湯などは、茯苓と白朮が配伍されている。

2.脾虚証
茯苓はよく建碑する。そのため、脾虚体倦、食少便溏などがあるものには、党参白朮甘草などの補脾薬と一緒に用いられる(四君子湯)。

3.心悸・失眠
茯苓には、寧心安神作用がある。常に砂仁棗仁遠志などの安神薬とともに用いられる。

用量用法

10~15g

安神に用いる場合は、朱砂拌用、処方は写朱茯苓あるいは朱衣茯苓。

附薬

茯苓皮

茯苓菌核の黒色の外皮。性味は茯苓に同じ。
効能は、利水消腫。
水腫に多用され、方剤には、生姜皮、桑白皮、陳皮、大腹皮と一緒に用いられる五皮散がある。
用量用法:10~15g

参考資料

この記事を書いた人

源保堂鍼灸院・漢方薬店薬戸金堂 瀬戸郁保

瀬戸郁保
IKUYASU SETO

鍼灸師・国際中医師

古医書に基づく鍼灸を追究しさらに漢方薬にも研究を拡げています。東洋医学の世界を多くの方に知っていただき世界の健康に貢献したいと思います。
東京の表参道で、東洋医学・中医学に基づいた源保堂鍼灸院・漢方薬店 薬戸金堂を営んでおります。

本サイトご利用に当たってのご注意

一般の方へのご注意
本サイトは、一般の方が自己判断・自己診断をするためのものではありません。あくまで漢方薬の辞書的な記述に留めております。よって、この情報を元にして自己判断・自己診断して処方をしないで下さい。同時に、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、安易なシェアをするようなことはなさらないようにしてください。症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関で受診して下さい。

専門家の方へのご注意
本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しているものです。それ故に、本サイトの内容は細心の注意を払って正しい内容を書くように努めております。しかしながら、不十分な点もまだまだあると思いますので、その場合はご意見・ご指導などを賜りたいと思います。コメント欄にご一報下さい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。