東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

茯苓

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

茯苓 ぶくりょう

分類

  • 利水滲湿薬 ← 茯苓

性味・帰経

性味: 甘 / 淡平
帰経: 心経・脾経・腎経

効能・主治

利水滲湿
健脾
安神

応用

1.小便不利、水腫および停飲などの水湿証
茯苓は、薬性平和な性質があり、利水をしても気を傷らないため、利水滲湿の要薬となる。およそ水湿、停飲には適用されることが多い
猪苓沢潟などと一緒に用いられ、利水滲湿作用を強化するが、湿熱、寒湿など、それぞれの水湿の性質に従って配伍する薬物を変える。例えば湿熱には車前子木通、寒湿には附子乾姜などを配伍する。

また、茯苓は利水滲湿作用の他に健脾もよくできるので、脾弱運遅による水湿停畜にも用いられる。標本兼願の効果を狙って、停飲による頭暈、心悸、咳嗽などにもよく用いられる。

茯苓と白朮を一緒に用いれば、健脾利湿の効果があきらかになる。五苓散苓桂朮甘湯などは、茯苓と白朮が配伍されている。

2.脾虚証
茯苓はよく建碑する。そのため、脾虚体倦、食少便溏などがあるものには、党参白朮甘草などの補脾薬と一緒に用いられる(四君子湯)。

3.心悸・失眠
茯苓には、寧心安神作用がある。常に砂仁棗仁遠志などの安神薬とともに用いられる。

用量用法

10~15g

安神に用いる場合は、朱砂拌用、処方は写朱茯苓あるいは朱衣茯苓。

附薬

茯苓皮

茯苓菌核の黒色の外皮。性味は茯苓に同じ。
効能は、利水消腫。
水腫に多用され、方剤には、生姜皮、桑白皮、陳皮、大腹皮と一緒に用いられる五皮散がある。
用量用法:10~15g

 

参考資料

 

表参道で鍼灸院を営んでいます。
古典的な鍼灸をする者として、言葉の定義も丁寧にしていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です