五十音別

中医・東洋医学基礎理論用語

熱入心包

熱入心包 解説 温邪化熱したものが裏に入り、高熱、神昏、譫語或いは昏沈不語などの症状が出てきたものを熱入心包という。 例えば心包に逆伝して生じた症状も同じようなことが起きるが、病情の伝変には違いがある。 昏迷や驚厥が続く...
生薬・中薬学用語

秦艽

秦艽 じんぎょう 分類 祛風湿薬 ← 秦艽 性味・帰経 性味: 苦・辛 / 微寒 帰経: 胃経・肝経・胆経 効能・主治 祛風湿 舒筋絡 清虚熱 応用 1.風湿痹痛・周身あるい...
生薬・中薬学用語

五味子

五味子 ごみし 分類 収渋薬 ← 五味子 性味・帰経 性味: 酸 / 温 帰経: 肺経・腎経・心経 効能・主治 斂肺滋陰 生津斂汗 渋精止瀉 寧心安神 応用 1.久咳虚...
中医・東洋医学基礎理論用語

肺朝百脉

肺朝百脉 解説 「肺朝百脉」とは、肺の生理を述べた言葉である。 この用語は、『黄帝内経・素問』の「経脉別論」にある文章が元になっている。 食氣入胃.散精於肝.淫氣於筋. 食氣入胃.濁氣歸心.淫精於脉. 脉氣流經....
方剤名・方剤学用語

一貫煎

一貫煎 いっかんせん 出典 『柳州医話』 分類 補益剤 補気 補血 気血双補 補陰   ← 一貫煎 補陽 効用 滋陰疏肝 主治 肝腎陰虚・血燥気鬱 ...
生薬・中薬学用語

訶子

訶子 かし 分類 収渋薬 ← 訶子 性味・帰経 性味: 苦・酸・渋 / 平 帰経: 肺経・大腸経 効能・主治 渋腸 斂肺 下気 利咽 応用 1.久瀉、久痢、脱肛 訶子...
生薬・中薬学用語

胆南星

胆南星 たんなんせい・たんなんしょう 胆南星は、天南星を研末にして、牛胆汁とともに加工生成して小塊状あるいは円柱状にしたもの。 胆星と略すことがある。 分類 化痰止咳平喘薬 化痰薬    ← 天南星 止...
生薬・中薬学用語

天南星

天南星 てんなんせい・てんなんしょう 分類 化痰止咳平喘薬 化痰薬    ← 天南星 止咳平喘薬 性味・帰経 性味: 苦・辛 / 温 / 有毒 帰経: 肺経・肝経・脾経 効能・主治 ...
方剤名・方剤学用語

炙甘草湯 しゃかんぞうとう

炙甘草湯 しゃかんぞうとう 別名:復脈湯 出典 『傷寒論』 分類 補益剤 補気 補血 ← 炙甘草湯 気血双補 補陰 補陽 効用 益気滋陰 補血復脈 ...
人名

呉崑

呉崑 名前 呉崑 号は鶴皋(かくこう) 時代 1552~1620(?) 明代の医家 出身地 安徽省歙県の人 業績 15歳から医学を学ぶ。 当時の医師の10人中9人は意訳の知識に乏しく、古今の方薬にほとんど無知であること...
方剤名・方剤学用語

黒逍遥散

黒逍遥散 こくしょうようさん 出典 徐霊胎の『医略六書』の中にある『女科指要』 分類 和解剤 和解少陽 調和肝脾 ← 黒逍遥散 調和腸胃 効用 疏肝 健脾 養血 ...
方剤名・方剤学用語

加味逍遥散

加味逍遥散 かみしょうようさん 出典 『内科摘要』 分類 和解剤 和解少陽 調和肝脾 ← 加味逍遥散 調和腸胃 効用 疏肝解鬱 健脾和営 主治 肝脾血虚、化...
タイトルとURLをコピーしました