太谿 たいけい

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine鍼灸用語

太谿について

穴名の由来

太谿の「太」は、大きい、盛んという意味があります。湧泉から湧き上がった腎経の流れは、腎経の原穴であるこの太谿穴で盛んになります。そしてここからさらに腎経が海に向かって注いでいく谿であることを示している。

別名

呂細

所属

足少陰腎経

位置

内踝とアキレス腱の間の陥凹部。内踝先端と同じ高さにある。

作用

益腎降火、通腸衝任

主治

咽喉部痛、歯痛、聾、喀血、喘息、月経不順、不眠症、遺精、陰萎、頻尿、腰背部痛

コメント

タイトルとURLをコピーしました