労宮 ろうきゅう

鍼灸用語  (C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine鍼灸用語

労宮について

穴名の由来

労宮の「労」は労働を意味し、「宮」は皇宮のことである。手は労働に携わる器官。労宮が所属する心包は、君主である心に仕え、その宮城を意味する。

所属

手厥陰心包経

位置

手掌中央の横紋の中で、第二・第三中手骨の間。拳を握り中指先端の当たるところ。

作用

清心、安神、涼血、和胃

主治

心部痛、癲狂、癇症、嘔吐、口内炎、口臭、鵞掌風

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました