譫語 せんご

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

「譫語」とは?

[quads id=1]

「譫語」の概要

患者が神志不情の状況の中で、胡言乱言する症状のことを譫語という。

多くは実証に属し、高熱になっているときや、温邪が営血に入っているときに起きる。
“邪犯心包”、“熱入心包”などの証候のときに見られる。

[quads id=1]

他の言語症状

[quads id=8]

 

東洋医学の会

鍼灸をはじめ、漢方薬や薬膳など、東洋医学が見直されています。 東洋医学を学ぶ方のためにお役に立てればとの思いから、地道にウェッブ上の用語辞典をアップしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする