譫語 せんご

「譫語」とは?

「譫語」の概要

患者が神志不情の状況の中で、胡言乱言する症状のことを譫語という。

多くは実証に属し、高熱になっているときや、温邪が営血に入っているときに起きる。
“邪犯心包”、“熱入心包”などの証候のときに見られる。

他の言語症状

 

コメントする