さ行

生薬・中薬学用語

桑寄生 そうきせい

桑寄生 そうきせい 出典 『神農本草経』 分類 祛風湿薬 ← 桑寄生 性味・帰経 性味: 苦 / 平 帰経: 肝経・腎経 効能・主治 祛風湿 補肝腎 強筋骨 安胎 応...
東洋医学診断学用語

積聚

積聚 しゃくじゅ 解説 積聚とは、腹内の結塊(けっかい)のことを指す。 腫れ、痛みなどが出るなど、現れる症状は一つではない。 積と聚の違い 積 積は痛みの場所は定まっており、これを按ずると有形で動かな...
東洋医学診断学用語

渋脈

渋脈 じゅうみゃく 脈象 脉の往来が艱渋し、刀で竹を切るような感じがあるもの。 滑脈と相反する脈象である。 主病 傷精 血少 気滞血瘀 挟痰 挟食 解説 精虧...
生薬・中薬学用語

秦艽

秦艽 じんぎょう 分類 祛風湿薬 ← 秦艽 性味・帰経 性味: 苦・辛 / 微寒 帰経: 胃経・肝経・胆経 効能・主治 祛風湿 舒筋絡 清虚熱 応用 1.風湿痹痛・周身あるい...
方剤名・方剤学用語

炙甘草湯 しゃかんぞうとう

炙甘草湯 しゃかんぞうとう 別名:復脈湯 出典 『傷寒論』 分類 補益剤 補気 補血 ← 炙甘草湯 気血双補 補陰 補陽 効用 益気滋陰 補血復脈 ...
方剤名・方剤学用語

逍遥散

逍遥散 しょうようさん 出典 『太平恵民和剤局方』 分類 和解剤 和解少陽 調和肝脾 ← 逍遥散 調和腸胃 効用 疏肝解鬱 健脾和営 主治 肝鬱血虚にして両...
生薬・中薬学用語

芍薬

芍薬 しゃくやく 芍薬で総称されていた 芍薬は『馬王堆医書』や『武威医簡』などの最も古い部類の医書に出てくるものですが、『神農本草経』などでもそうですが、この頃はまだ赤芍と白芍の区別はありませんでした。 つまり、張仲景が著わした『...
生薬・中薬学用語

赤芍

赤芍 せきしゃく 分類 清熱薬 清熱瀉火薬 清熱燥湿薬 清熱涼血薬 ← 赤芍 清熱解毒薬 清虚熱薬 性味・帰経 性味: 苦 / 微寒 帰経: 肝経 効能・主治 ...
方剤名・方剤学用語

四君子湯

四君子湯 しくんしとう 出典 『太平恵民和剤局方』 分類 補益剤 補気剤 ← 四君子湯 補血剤 補陰剤 補陽剤 効用 益気健脾 主治 脾胃気虚証 ...
生薬・中薬学用語

川楝子

川楝子 せんれんし 分類 理気薬  ← 川楝子 性味・帰経 性味: 苦 / 温 帰経: 肝経・胃経・小腸経・膀胱経 効能・主治 行気止痛 殺虫 療癬 応用 1.肝気鬱滞、或いは肝...
方剤名・方剤学用語

升麻葛根湯

升麻葛根湯 しょうまかっこんとう 出典 『閏氏小児方論』 分類 解表剤 辛温解表剤 辛涼解表剤 ← 升麻葛根湯 効用 解肌透疹 組成・方解 組成・方解 君薬 ...
生薬・中薬学用語

相須・相使・相畏・相殺・相悪・相反

相須・相使・相畏・相殺・相悪・相反 生薬を配伍した時に生じる関係性を、相須・相使・相畏・相殺・相悪・相反という6つに分類する。 相須・相使 効果が増強される組み合わせ 相須 2種類以上の生薬の効果が類似しており、配...
生薬・中薬学用語

青蒿

青蒿 せいこう 分類 清熱薬 清熱瀉火薬 清熱燥湿薬 清熱涼血薬 清熱解毒薬 清虚熱薬  ← 青蒿 性味・帰経 性味: 苦・辛 / 寒 帰経: 肝経・胆経・腎経 効能・主...
方剤名・方剤学用語

真武湯

真武湯 しんぶとう 出典 『傷寒論』 分類 祛湿剤 袪湿和胃 清熱祛湿 利水滲湿 温化水湿 ← 真武湯 祛風勝湿 組成・方解 組成 君薬: 附子(炮去皮、一枚) ...
生薬・中薬学用語

酸棗仁

酸棗仁 さんそうにん 分類 安神薬 ← 酸棗仁 性味・帰経 性味: 甘 / 平 帰経: 心経・肝経 効能・主治 養心安神 斂汗 応用 1.失眠・驚悸 酸棗仁には、養心陰、養肝血にして寧心安神もで...
中医・東洋医学基礎理論用語

載陽

載陽 さいよう 解説 下焦が虚寒して、陽気が体の上部に浮越したことにより、下部に真寒が出現し、上に仮熱が生じた証候のことをいう。 患者には、気短、呼吸促迫、倦怠、懶言、頭暈心悸、足冷、小便清、大便稀溏などが症状として現れ、舌は...
生薬・中薬学用語

柴胡 Bupleurum chinense

柴胡 さいこ 分類 解表薬 辛温解表薬 辛涼解表薬 ← 柴胡 性味・帰経 性味: 苦・辛 / 微寒 帰経: 心包絡・肝経・三焦経・胆経 効能・主治 和解退熱 疏肝解欝 升挙陽気 ...
生薬・中薬学用語

升麻 Cimicifugae Rhizoma

升麻 しょうま 分類 解表薬 辛温解表薬 辛涼解表薬 ← 升麻 性味・帰経 性味: 辛・甘 / 微寒 帰経: 肺経・脾経・大腸経・胃経 効能・主治 発表透疹 清熱解毒 升陽挙陥 ...
書籍名

素問入式運気論奥

素問入式運気論奥 著者・時代 劉温舒 北宋の哲宗の治世である元符二年(1099年)に出版される。 『素問入式運気論奥』の概要 『黄帝内経・素問』の最後にまとめられた運気にまつわる篇を、「運気七篇」と呼ぶ。 この「運気七篇」は...
書籍名

『傷寒論』

『傷寒論』 著者 張仲景(150~219年) 時代 東漢末年 『傷寒論』の概要 『傷寒論』は、張仲景が著わした書物で、麻黄湯、桂枝湯、芍薬甘草湯など、現代でも普通に使用される漢方薬・方剤の基本が記されています。 ...
タイトルとURLをコピーしました