嘈雑 そうざつ

症状症候用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine症状・症候関連用語

「嘈雑」とは

嘈雑の病機

肺陰不充によって、肝火が脾胃を薫蒸する。
それにより、胃が調和を失ってしまい、下げる力が落ちてしまう。
すると、水穀之精微がめぐらなくなるため、肝陽揺動し、擾擾不寧して嘈雑の症状が現れる。


 

嘈雑の症状

胃脘部に発生する症状のひとつ。
腹中が空になってしまったようで、何もないような感じがする。飢えに似ているが飢えではなく、痛みのようで痛みではない。
胸膈懊憹があったりなかったりする。
また、食事をしたほうのが症状がなくなることもあり、食事が終わった後に再び嘈することもある。
場合によっては、悪心を兼ねたり、脘痛が見られることもあり、濁飲が集まると痰や飲になることもある。

潰瘍や胃炎などに見られる症状でもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました