渋脈

東洋医学・中医学・診断学用語東洋医学(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine 東洋医学診断学用語

渋脈 じゅうみゃく

脈象

脉の往来が艱渋し、刀で竹を切るような感じがあるもの。
滑脈と相反する脈象である。

 

主病

  • 傷精
  • 血少
  • 気滞血瘀
  • 挟痰
  • 挟食

 

解説

精虧血少になると、経脈を濡養することができなくなるため、血行不暢となり、脈気の往来が難渋する。
この往来が難渋した様子を渋脈と呼ぶ。この場合は力が無い(無力)である。

気滞血瘀あるいは食痰胶固によって気機不暢、血行受阻による場合は、渋して有力となる。

参考資料

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました