潜陽 せんよう

中医東洋医学基礎理論用語C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine中医・東洋医学基礎理論用語

「潜陽」とは?

「潜陽」の概念

潜陽とは、陰虚になって肝陽が上亢(上昇)したものを治療する方法である。

肝陽が上昇すると、頭痛目眩、耳鳴耳聾、肢体麻木、あるいは震巓などの症状となる。

治療には生牡蠣生竜骨生石決明真珠母磁石代赭石などの、質重鎮堕の薬物を用いるが、このように、虚陽を収斂することを「潜陽」と称する。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました