東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

桑寄生 そうきせい

生薬中薬学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典dictionary oriental medicine

桑寄生 そうきせい

出典

『神農本草経』

分類

  • 祛風湿薬 ← 桑寄生

性味・帰経

性味: 苦 / 平

帰経: 肝経・腎経

効能・主治

  • 祛風湿
  • 補肝腎
  • 強筋骨
  • 安胎

応用

1.風湿痹痛、腰膝酸痛など

桑寄生には祛風湿、舒筋絡にすぐれた作用があるので、風湿痹痛の治療に使うことができる。
そして、補肝腎、強筋骨にも長じている。
故に、肝腎不足による腰膝酸痛に適することになる。
常に独活牛膝杜仲当帰などと一緒に用いられる(独活寄生湯)。

2.胎漏下血、胎動不安

桑寄生には補肝腎、養血の作用にして、安胎の作用もある。
肝腎虚損を治し、衝脈、任脉不固の胎漏や胎動不安にも用いられる、艾葉、阿膠、杜仲、川続断などと配伍される。

 

用量用法

10~20g

 

参考資料

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です