完帯湯 かんたいとう

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典 oriental medicine acupuncture方剤名・方剤学用語

「完帯湯」とは?

完帯湯の出典

『傅青主女科』

完帯湯の分類

  • 固渋剤
    • 固表止汗
    • 斂肺止咳
    • 渋腸固脱
    • 渋精止遺
    • 固崩止帯 ← 完帯湯

完帯湯の組成

  • 白朮(30g)
  • 山薬(30g)
  • 人参(6g)
  • 白芍(15g)
  • 車前子(9g)
  • 蒼朮(9g)
  • 甘草(3g)
  • 陳皮(1.5g)
  • 黒芥穂(1.5g)
  • 柴胡(1.8g)

※各生薬の用量は、『方剤学』(上海科学技術出版社)第45版による。

完帯湯の効用

  • 補中健脾
  • 化湿止帯

完帯湯の主治

脾虚肝鬱、湿濁下注

帯下色は白あるいは淡黄、清稀無臭、面色晄白、倦怠便溏、舌淡蒼白、脉緩あるいは濡弱。

完帯湯の方解

完帯湯の証の解説

帯下の病機の多くは、脾と肝が密接に関わっている。

脾は運化を主り、肝は疏泄を主どる。
脾虚不運になると、水穀之精微を化することができず、湿濁内停する。これが下注成帯となる。
さらに肝鬱して乗脾する(肝鬱乗脾)と、脾失健運となって湿濁が下注していくので、これも帯下の病機になる。

このような脾虚湿盛の病機で起きる帯下病の症状は、帯下の色が白あるいは淡黄で、清稀無臭。面色晄白、倦怠便溏、舌淡苔白、脉は緩濡弱になる。

故に、治療は益気舒肝、化湿止帯の方法を取る。

方解

君薬は、人参白朮山薬になり、総じて補気健脾をする。白朮は燥湿、山薬は渋精ができるので、健脾止帯のはたらきをする。

蒼朮陳皮は臣薬として燥湿運脾、芳香行気のはたらきをする。そして君薬を補い、不帯、また気行自去の意味もある。

さらに車前子も臣薬で、痰湿利湿で、水湿を小便から出す。

君薬と臣薬は、君臣相配となって止帯し、湿を滞らせないように利湿もし、正気を傷つけないようにしている。

佐薬は白朮柴胡黒芥穂であるが、白朮は舒肝扶脾、柴胡は昇陽で、湿気が下流入裏しないようにし、黒芥穂は血分に入って祛風勝湿して止帯する。

甘草は調薬和中で使薬になる。

以上諸薬が配合されることで、補散併用となって、気旺脾健にして陽昇湿化する。その結果、帯下は自ずから止まる。よって、完帯湯は脾虚帯下の常用方剤になる。

附方

易黄湯

『傅青主女科』

山薬(30g)、芡実(30g)、黄柏(6g)、車前子(3g)、白果(10枚)

効用: 健脾燥湿、清熱止帯

主治: 脾虚湿熱、帯下黄白、稠粘腥臭、腰痠腿軟

清帯湯

『医学折衷参西録』

生山薬(30g)、生竜骨(18g)、生牡蛎(18g)、海螵蛸(12g)、茜草(9g)

効用: 健脾止帯

主治: 脾虚帯下赤白、清稀量多、連綿として絶えない、腰痠体乏、舌淡苔白、脉細緩にして沈

完帯湯、易黄湯、清帯湯の比較

完帯湯易黄湯清帯湯の三方は、どれも脾虚帯下をして湿熱を有するものを対象にしているが、以下のような違いがある。

完帯湯は脾虚帯下にして肝鬱を兼ねたもので、補気健脾に重きが置かれており、それによって舒肝止帯も兼ねている。

易黄湯は、脾虚帯下にして湿熱を有したものを治療するもの。健脾止帯とともに、清湿熱も兼ねている。

清帯湯は、脾虚帯下赤白にして清稀量多の症状が対象になる。そのため、健脾止帯の中でも和営も兼ねている。

参考資料

ご注意

本サイトは、東洋医学・中医学・鍼灸などを学ぶ人が、その学習の助けになるようにと制作しています。
本サイトの内容は細心の注意を払って、正しい内容を書くように努めておりますが、本サイトは一般の方向けたものではありませんので、この情報を元に自己判断・自己診断して処方をしたりしないで下さい。
また、この情報を元に安易に他人にアドバイスをしたり、シェアするようなことはなさらないようにしてください。

症状がある場合は自己判断せずに、適切な医療機関の受診を行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました