東洋医学・鍼灸・漢方・薬膳にまつわる言葉を解説しています。

黒逍遥散

方剤名方剤学用語(C)東洋医学・鍼灸・漢方辞典

黒逍遥散 こくしょうようさん

出典

徐霊胎の『医略六書』の中にある『女科指要』

分類

  • 和解剤
    • 和解少陽
    • 調和肝脾 ← 黒逍遥散
    • 調和腸胃

効用

  • 疏肝
  • 健脾
  • 養血
  • 調経

主治

肝脾血虚、臨経腹痛、脈は弦虚。 黒逍遥散は、逍遥散の証の中でも血虚が甚だしいものに用いる。血虚には熟地黄を加え、もし血虚にして内熱を生じているときは、生地黄を加える。

組成・方解

黒逍遥散の組成

黒逍遥散のベースは逍遥散で、そこに熟地黄または生地黄を加えたもの。
基本は逍遥散になるので、まずは逍遥散のページを参考にして下さい。
逍遥散

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です